Archive for the ‘未分類’ Category

お菓子とダイエット

ダイエット中はお菓子を我慢するという人は、少なくないでしょう。
ですが、食べて痩せるダイエットであれば、お菓子を食べても問題ありません。

 

 

もともと、おやつというのは3度の食事では摂取できない栄養素を補給するという目的があります。
そのため、小さい子に与えるおやつはお菓子ではなくパンやおにぎりがいいとされ、捕食という意味合いが強くなっています。

 

choko480

 

ところが、大人のおやつというとお菓子を食べるというのが当たり前となっています。

 

それから、ストレスを感じたときにお菓子を口にして、ストレスを解消するという人も少なくありません。

 

お菓子を食べる場合は、捕食と同じくらいのカロリーであれば大丈夫ということです。

 

おやつで摂取しても問題ないカロリーは、100キロカロリー程度とされています。この制限を守ることができれば、ダイエット中であっても食べていいと言えるのです。

 

しかし、お菓子を食べていると途中でやめられなくなってしまうこともあるでしょう。

 

そうしたことを防ぐためにも、100キロカロリー分のお菓子を別にしておくなど、工夫するといいでしょう。

 

食べて痩せるダイエットを実践しながらお菓子を食べるのなら、和菓子がおすすめです。

 

普通のお菓子の場合は、当たり前ですが栄養素が含まれていることはほとんどありません。

 

それはおいしく食べるということが目的の食品だからです。
ですが、和菓子の場合は食物繊維が含まれる食材が原材料に使用されていることがあります。

 

そのため、単純におやつを楽しむだけでなく、身体にもいい影響が与えられることもあります。
そういった意味で、和菓子は食べて痩せるダイエットにぴったりだと言えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満腹感をえるには

当たり前ですが、ダイエット中に食べ過ぎるとダイエットは不成功となってしまいます。

 

極力食べ過ぎを防ぐためには、食事で満腹感を得なければいけません。

 

満腹感というのは誰でも感じられるのではと考える人もいますが、適量を食べたタイミングで満腹感を得られなければ、結局は食べ過ぎてしまうのです。

 
食べて痩せるダイエットを成功させるには、満腹感をいかに得るかがポイントとなるでしょう。

 

満腹感を得るには、早食いは厳禁だということを頭に入れておきましょう。
何かを食べると血糖値が上昇し、それによって満腹感を感じるようになります。
ですが、早く食べてしまうと血糖値がスムーズに上がらず、満腹感が得られにくくなってしまうのです。

 

食べて痩せるダイエットを実践する場合は、時間をかけてしっかり噛んで食べることが大切です。

 

満腹感を得られやすい食材を食べるのも、いい方法でしょう。
ダイエット雑誌でもよく紹介されるおからは、ダイエットに最適な食材です。

 

おからは水分と一緒に口にすると2~3倍くらいまで増加するため、満腹感を得られやすくなります。

 

それから、近頃は鰹だしが満腹感を感じるのに効果的だということがわかっています。

 

鰹だしを使ったメニューと言えば、お味噌汁が有名です。
野菜をたっぷり使ってお味噌汁を作れば、食べて痩せるダイエットは成功しやすくなるでしょう。

 

また、生活リズムを整えることも、満腹感を得やすくするポイントです。

 

寝る時間や起きる時間、3度の食事の時間が同じであれば、食欲や満腹感を得られやすい体質になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊達式ダイエット

様々なダイエット方法が登場し、メディアなどでもよく紹介されています。

 

数あるダイエット方法の中でも特に注目されているのが、伊達式ダイエットというものです。

 

TBSで過去放送されていた「ドリームプレス社」という番組内で、お笑い芸人の森三中の黒沢かずこさんが挑戦し、痩せられたことが話題になりました。

 

伊達式ダイエットは、食べて痩せるダイエットの1つで、栄養に関してきちんと考えられています。

 

ダイエットというのは身体が脂肪を燃焼していれば、無理なく痩せられます。
食事をしっかりとらないと燃焼することができないため、ダイエットだからと言って食事を抜くのはよくありません。

 

大切なのは、栄養バランスを重視し、不足している栄養素があればそれを補うようにするということです。

 

伊達式の食べて痩せるダイエットでは、必ず摂取した方がいいと言われている栄養素があります。

 

食べて痩せるダイエットでは摂取を推奨されているタンパク質をはじめとして、めん類や米などの炭水化物などがそれにあたります。
さらにはダイエット中に摂ってはいけないというイメージがある脂肪も、摂取が推奨されています。

 

こういった栄養素をまんべんなく摂取しようとしると、ある程度のカロリーを摂ってしまうことになります。
ですが、脂肪を燃焼するためにはそういったカロリーが必要となるのです。

 

伊達式ダイエットでは、食べたいのに我慢すると精神的な負担が増えてしまい、かえってダイエットがうまくいかなくなるので、我慢せずに食べることもすすめています。

 

 

 

 

 

 

 

青木晃さんのダイエット

様々なダイエットに挑戦したり、ダイエットの情報を頻繁に調べている人なら、青木晃という名前を見たことがあるかもしれません。

 

青木晃さんは横浜クリニックの院長や大学の准教授をされていますが、ダイエットの分野では非常に有名な人でもあります。

 

青木晃さんがおすすめしているダイエットは、自律神経を整えて痩せようという方法です。

 

当然ながら、自律神経を整えるほかにも、食事制限や運動などにも取り組みます。ですが、青木晃さんのダイエットも同時に行うことで、より効果的に減量することができるのです。

 

青木晃さんが提唱するダイエットでは、エクササイズ中心に取り組んでいきます。食べて痩せるダイエットと同時に、エクササイズも行うといいでしょう。

 

青木晃さんが考案したエクササイズは、モナリザエクササイズと呼ばれています。

 

食べて痩せるダイエットを成功させるには、痩せやすい身体にしていくことは大切です。

 

それから、青木晃さんはアンチエイジングにも注目しており、アンチエイジングに関連した書籍もたくさん出版しています。

 

アンチエイジングを実現させるには、栄養バランスが優れ低カロリーな食事を継続的にとることが大切だと考えられています。

 

食べて痩せるダイエットではタンパク質や食物繊維の摂取を推奨していますが、これはアンチエイジングのためにもいいことなのです。

 

食べて痩せるダイエットを行うと言うことは、身体の若返りをはかることにもつながるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バランス型紙を活用しよう

食べて痩せるダイエットを成功させるには、カロリーや食べる量に気を配る必要があります。

 

栄養バランスのいい食事が非常に大切となりますが、バランスのいい献立を考えるのは簡単ではありません。

 

プロの栄養士の人であれば、栄養バランスに優れた食事を作るのはそう難しいことではないかもしれません。
ですが、栄養学などを勉強したことがない一般の人にとっては献立作りはそう簡単にはいかないでしょう。

 

そういった人が、食べて痩せるダイエットで活用してほしいのがバランス型紙です。

 

これは基本の5つのステップをもとに型紙に食材を当てはめることで、簡単にバランスのいいメニューができるといったものです。

 

この型紙は武庫川女子大学栄養クリニックの小西すず先生が考え出したもので、食べて痩せるダイエットで活用されています。

 

バランス型紙では1回の献立が400キロカロリーになるよう計算されているので、1日3食で1200キロカロリーを摂取することになります。

 

1日にどれくらいカロリーを摂取すればいいのかは、年齢によって差がありますが、男性は2000キロカロリー、女性では1700キロカロリーとされています。

 

バランス型紙では1日の摂取カロリーよりも低いことになりますが、そういった食事に身体を順応させるというのも重要です。

 

いきなり慣れるのは簡単ではありませんが、まずはバランス型紙を準備して普段の食事を当てはめてみることからはじめましょう。

 

もしも摂取カロリーが多いようなら、少しずつコントロールできるようにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯を食べながらダイエット

日本人は昔からお米を食していきました。

 

ご飯は日々の食事に不可欠な存在で、食べない日はないと言っていいくらいです。ですがご飯はダイエットには不向きで、食べて痩せるダイエットをするときは夜に向けて摂取量を減らしていかなければいけません。

 

夕飯でご飯を食べないなんてつらいと思うかもしれませんが、食べて痩せるダイエットでは白米を玄米に切り替えて続けるという方法があります。

 

もちろん、1日の食事すべてを玄米に変更しなくても大丈夫です。
1食を玄米に切り替えるだけでもダイエット効果は高くなるので、夕飯は玄米にしてみるといいでしょう。

 

玄米は白米と比べて満腹感を得られやすいことはもちろん、食物繊維たっぷりなので便秘解消にも効果を発揮します。

 

ご飯は炊きたてがおいしいですが、ダイエットのことを考えるなら冷えている方がいいとされています。

 

ご飯にはアミロースという成分が含まれています。
このアミロースは身体に吸収されにくいという特徴を持っていますが、冷えたご飯の方がアミロースの含有量が多いのです。

 

食べて痩せるダイエットを実践するなら、できるだけ冷やご飯を食べた方がいいでしょう。

 

おかずは肉もしくは魚を使ったものを1品、野菜を使ったものを1~2品、そしてお味噌汁を作るといいでしょう。

 

肉や魚は人間が生きていく上で必要となるタンパク質で構成されていますが、ダイエット中は食べ過ぎに注意する必要があります。

 

こういった日本で昔から食べられてきた献立が、ダイエットを行う上で効果が高いと言われているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉を食べながらダイエット

ダイエットの最中は肉は控えた方がいいと思っている人は少なくありません。

 

実際に、ダイエットをしている間は肉はまったく食べてないという人もいるでしょう。
ですが、肉が好きな人は控えるのはとてもつらいことでしょう。
それに、肉も人間が生きていく上で欠かせない栄養素の1つなのです。

 

肉を食べるのをやめずにダイエットに取り組めれば、食事への満足感も変わってくるでしょう。

 

肉は、タンパク質という分類になります。
タンパク質は筋肉の生成を助けることはもちろん、ダイエットにとってもメリットが大きい代謝をアップする効果もあります。

 

身体の代謝が高まることで、身体は効率的にカロリーを消費するのでダイエットが成功しやすくなるのです。

 

タンパク質が不足していると、いくらダイエットに励んでも、体重に変化が見られなくなってしまいます。
そのため、食べて痩せるダイエットを成功させるには、肉も食べる必要があります。

 

食べて痩せるダイエットで肉を食べる場合は、脂身は極力除去するようにします。
鶏肉では胸肉あるいはささみ、牛肉や豚肉ではヒレ肉などが、食べて痩せるダイエットではいいとされています。

 

調理するときには蒸す・ゆでる・煮るという方法以外にも、魚焼き用のグリルやオーブンでの調理もおすすめです。

 

ひき肉は脂身が含まれていることが多いので、市販のものは避けた方がいいでしょう。

 

ヒレ肉を包丁で切り刻んでからフードプロセッサーでさらに切ると、ひき肉として使用することができます。
このひき肉でハンバーグを作ってオーブンなどで調理すれば、カロリーを抑えることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べるダイエットの仕組み

食べて痩せるダイエットというのは、ストレスのない理想的なダイエットと言えるでしょう。

 

このダイエットは、血糖コントロールダイエットとも呼ばれています。
普通は食べればその分太ってしまうものですが、食べて痩せるダイエットはどういった仕組みなのでしょうか。

 

食べて痩せるダイエットのポイントは、炭水化物の摂取量が少ないということです。

 

人間の身体というのは、活動をするためのエネルギーの存在が不可欠です。

 

エネルギーというのは炭水化物によって生まれるブドウ糖によって作られますが、ブドウ糖が不足すると身体にため込まれた脂肪がエネルギーに変換されます。

 

つまり、就寝前にブドウ糖がゼロの状態となれば、睡眠中に脂肪がエネルギーとして使用されるのです。睡眠中に脂肪が燃焼されていけば、無理なく痩せることができます。

 

そのため、夕食では炭水化物を控えめにした方がいいのです。
食べて痩せるダイエットを成功させたいのなら、この仕組みをしっかり理解して炭水化物の摂取量をコントロールしなければいけません。

 

注意が必要なのが、すべての食事で炭水化物の量を少なくするということです。

 

炭水化物はエネルギーのもととなる大切な栄養素なので、一定量は体内に蓄えておかなければいけません。

 

1日の活力を蓄えるためにも、朝食では炭水化物をしっかり摂る必要があります。

 

そうしなければ、1日を元気に過ごすことが難しくなってしまうでしょう。
夜に向けて少しずつ炭水化物の量を減らしていくというのが、このダイエットで大切なことだと言えます。

 

それを踏まえた上で、炭水化物の摂取量を調節していくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットに最適な食品

食べて痩せるダイエットを試すなら、食べても痩せられるような、痩せやすい食品を多く食べるようにしましょう。

 

食べて痩せるダイエットの強い味方となってくれるのが、食物繊維たっぷりの食品です。

 

食物繊維が豊富な大豆製品やきのこ、海草類、野菜などを積極的に取り入れるようにしましょう。

 

食物繊維たっぷりの食品が食べて痩せるダイエットになぜ適しているかといえば、その理由の1つがお通じがよくなることが挙げられます。

 

お通じがよくなることで、身体にとって必要のないものを体外へと排出させることができます。
いらないものがいつまでも体内にとどまっていると代謝が悪化し、脂肪を燃焼しにくくなります。

 

また、食物繊維がたっぷりの食品をはじめに食べておくと、満腹感が得られやすくなります。
そのため、食事量を減らすことにつなげられるのです。

 

食物繊維がたっぷり含まれるきのこは様々な種類があるため、料理に活用しやすいのが魅力的です。

 

食べて痩せるダイエットを成功させるために、積極的に取り入れていきましょう。

 

きのこはカロリーがほとんどないので、ダイエットに最適な食材と言えます。
しかもとてもおいしいので、食事での満足感が得られやすいのです。
冷凍が可能なきのこもたくさんあるので、たくさん購入して冷凍しておいて毎日食べるのもいいでしょう。

 

きのこの中でも特にしいたけは、生のものと干し椎茸があります。
豆腐ときのこを使ったお味噌汁などを多めに作って、食事の最初に食べるようにすれば食事量をコントロールすることができるでしょう。